一つ目は留学費用が手頃な点です。通常だと

一つ目は留学費用が手頃な点です。通常だとアメリカやヨーロッパといった欧米諸国ならば毎月の授業料や食事などの生活費は30万円以上かかってしまうのですが、セブ島の場合には約15万円です。
二番目に授業です。欧米諸国だと10人以上のグループで授業を受けるというのが一般的であり、マンツーマンの個別で受ける授業はないと言えます。このことから、一人あたりの発言する時間は限りがあります。
しかしいま、フィリピンのセブ島という場所への語学留学が注目されています。
フィリピンで使用されている公用語はフィリピン語が存在しますが、2番目の公用語としてフィリピン語と同等に学校で習っています。さらに欧米諸国と比べた場合、かなり日本との距離が近いので、航空券も安く済みます。
またビザで見た場合もフィリピンであれば30日間までであれば取らなくてもよいのです。特に日本人は積極的にあまり話せない人が少なくないので、さらに発言する時間は少なくなってしまいます。
けれども、セブならばマンツーマンでの授業を主に受けることができるのです。