特に日本人の場合積極的にあまり話

特に日本人の場合、積極的にあまり話せない人が多いせいで、さらに発言できる機会は少なくなってしまうのです。
ところが、セブではマンツーマンスタイルの授業を主に受講することが可能です。しかしながら、いま、フィリピンのセブ島への語学留学が人気です。
フィリピンの公用語はフィリピン語があるのですが、第2公用語でフィリピン語と一緒に学校の授業で勉強しています。
この15万円に寮費並びに食事代も入っていますし、掃除及び洗濯もスタッフに任せることができ、その費用も含まれます。
そして、タクシーに乗る際の初乗り料金は日本の5分の1以下です。
さらに欧米諸国と比べるとかなり日本との距離が短いので、航空券も安く済むのです。またビザで見た場合もフィリピンへの留学なら30日以内なら取らなくてもよいのです。
第一に留学費用の安さです。
一般にはアメリカやヨーロッパといった欧米諸国で見た場合、ひと月の食事などの生活費や授業料は30万円を超えてしまうのですが、セブ島の場合にはおよそ15万円です。